予防歯科

歯の治療においてもっとも大切なことは『歯を削らないこと』一度削ってしまった歯はもう元にはもどりません。
歯の治療が終わっても何年後かに再治療これを繰り返すたび毎回歯は削られ、最終的には抜くことしかできなくなってしまいます。shutterstock_138656585
自前の歯を生涯使っていけるようにするためには歯の治療時になるべく『歯を削らないこと』が大切です。
そしてその一番の原因となる虫歯を予防することがとても重要になります。
また、歯周病の予防も重要です。
自覚症状がないまま歯の生えている土台が痛んでしまうので、いくら虫歯がなくてもいきなり歯を失ってしまうことになりかねません。
そうならないためには、早期発見・早期治療がもっとも効果的です。
早期発見のための予防検診と歯の定期的なクリーニング。
定期的な検診があなたの歯を守る唯一の方法です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ