一般歯科

shutterstock_82421653

 

当院では、急患の患者様でない限り初めてご来院の患者様には、綿密なカウンセリングをさせていただきます。
まず、現在の歯の関する痛みや悩み、そしてどのような治療を望まれているのかを丁重に聞かせていただきます。
また、治療でつめものや被せものをする場合、何を使用するか患者様に選択していただくための説明とご相談などもいたします。

お話を十分聞かせていただいた後、ご希望の治療をするのに必要な現在の歯の状態を調べる為の検査を行います。
口腔内の写真撮影を中心に、歯周病の検査・虫歯の検査と必要であればレントゲン写真等をいたします。
そしてこれらのデータから治療計画を立てます。

急患の患者様や、今現在患部に痛みがある場合は痛みを取り除く応急処置を行います。
また、炎症等が起きている場合の応急処置もします。

今後の治療計画の治療の内容や回数など詳しい説明をさせていただきます。
そして、患者様の虫歯の状態によりここから本格的に治療に入る方と虫歯が初期の状態であれば、治療はこれで終わる患者様もいらっしゃいます。
しかし、虫歯の治療は歯ぐきの状態にも影響されますので、歯ぐきに炎症がある場合は、炎症を抑える処置をして様子を見てから虫歯の治療に入ります。

歯周病については、自覚症状があまりないことから気づかず多くのかたが罹患しており、その症状を悪化させてしまいます。
歯周病により歯ぐきに炎症を起こすと、むし歯の治療で出血しやすく治療したつめものや被せものが定着せず、取れてしまいます。
また、治療後に痛んだりします。
当院では、痛みがない場合は、歯ぐきをひきしめる治療を先にして歯ぐきの状態がある程度良くなってから、むし歯の治療を進めます。
患者様が、お痛を感じないよう、安心して治療を受けられるよう丁寧な治療を心がけています。

治療終了後、ご希望により今後の虫歯の予防をいたします。
虫歯や歯周病を予防し、健康な歯を維持するために、当院では予防歯科を重視しています。
早期発見、早期治療がもっとも効果的です。
予防検診と歯の定期クリーニングをお勧めしています。
定期的な検診が歯を守る一番確かな方法です。
フッ素(虫歯の予防)
フッ素には、虫歯の進行を防ぐ効果が期待できます。
歯の再石灰化を促進し、酸に強い歯を作ります。
また、 虫歯菌が酸を作るのを抑制します。
乳歯・幼若永久歯にはフッ素は特に効果的です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ